落ち込んだりもしたけれど、海外バイナリーオプションです
ホーム > > 整骨院の存在価値について

整骨院の存在価値について

整骨院ってどんなところって私には疑問になるのですが、皆様は御存じですか。

私は人口2万人ほどの田舎育ちで、整骨院を沢山目にすることがなく、地域の老人は整形外科に電気をあてに行ったりして腰や肩の痛みに対応していたようなイメージでした。

そこで育った私も整骨院に行って薬をもらい、注射などをしてもらうって治していくものだと思っていました。

しかし、川崎に数年暮らしていたのですが、川崎には整骨院通りか?と思うほどに整骨院が並ぶ通りがありました。

そこの住民は腰や肩が痛くなるとマッサージをしてもらう感覚で整骨院を利用していました。整形外科にはレントゲンを撮りに行くなど、病院の使い分けがうまくされている印象でした。

整骨院を30年ほど利用して事のない私も、腰の痛みで初めて利用しました。しっかりと問診も行ってください、全身のマッサージに電気、運動を教えて頂きました。

自分の運動不足を痛感し、低価格で丁寧に痛みの説明もして頂き、印象が変わりました。食わず嫌いのような行かず嫌いみたいに変な想像と感覚が邪魔をしていたのでしょう。

行ってわかることってたくさんあるなと思いました。整骨院の先生は、体についてよく知っておられ、一生懸命に健康についてお話してくださいます。

整骨院に通うと自分の体をしっかりと見つめられ、いい時間になると実感しました。

詳細は→http://www.takagi-chiemi.comに詳しく紹介中です。